技術・工法

  1. HOME>
  2. 技術・工法

水替え工事

スペーサープラグ工法

既設管路の管内にプラグを設けることで、流下機能を保ちつつドライ状態にし、各種⼯事を安全かつ円滑に⾏うための⽔替え⼯法です。

仮排水工法

下水道の更新工事等の際、専用のポンプや装置を用いて下水管をバイパスさせて汚水を迂回させる工法です。
作業区域に汚水が入らないので、安全かつドライな環境で作業することができます。

マンホール修繕・耐震化工事

耐震補強工事

腐食や劣化したマンホールの耐震補強を、内面から非開削で行います。
流れている下水をスペーサープラグを用いて下水を切替えながら行う場合もあります。

プレートロック工法

ずれ対策が行われていないマンホールの内側の目地部分に、ゴム被覆されたステンレス製のプレートをアンカーで固定する工法です。

ゴライアス工法

更生管と既設マンホールの接続部に、耐震性継手を非開削で設置し、耐震化する工法です。
本工法は、管更生時を除きスペーサープラグを設置することで下水供用下でも施工可能です。

フロートレス工法

マンホールに消散弁を設置することで、周辺の地盤が液状化した際のマンホールの浮上を抑制する工法です。

既設人孔耐震化工法

既設の人孔(マンホール)と管渠の接続部を弾性のある構造にすることで、地震による管渠の破損を防ぐ工法です。

パラボラ工法

円形に路面を切断し、マンホール鉄蓋の維持修繕を行う工法です。路面の破砕作業と転圧の工程が不要になるため、騒音削減と工期短縮に繋がります。

ツインドリル工法

下水道マンホール内のステップを正確・迅速に取り替える工法です。

管渠更生工事

SPR工法

既設管の内側に硬質塩化ビニル製プロファイルの更生管を製管することで管渠を更生する工法です。
あらゆる管渠で、水を流しながら施工できることが特徴です。

パルテム工法

管きょ内にシールホースやライナー材を引き込むこと、反転挿入させることによって、古くなった管きょを内側から新しくします。
主に下水道及び農水分野で活躍しています。既設のマンホールを利用して、管渠内にシールホースを引き込み、蒸気で加熱硬化させる工法です。

オールライナー工法

工場で含浸された更生材を管内に引き入れた後、更生材を拡張し、温水または蒸気で硬化させることによって、既設の管渠内に新たな管渠を形成する工法です。

土木・水道施設工事

人々が安心して社会生活を送れるよう、一般土木工事と呼ばれる道路や河川改修を行っています。
また、水道の附設・改修工事も承っております。

未利用熱利用工事

未利用エネルギーとは、外気温との温度差がある河川や下水、地中熱など、これまで有効利用されてこなかったエネルギーの総称です。